そらまめのおと

ひとりっこ男子の子育て&幼稚園生活や、私の仕事(リトミックとピアノを教えています!)のこと、夫の治療記録(脳出血&うつ)について書いています(*´꒳`*)

【発表会】緊張との向き合い方

こんにちは!そらまめです!

 

昨日も、月一回のリトミックの勉強に行ってきました〜( ´∀`)

先生たちの集まりですが、年に一度、それぞれのクラスが勉強したことを発表する発表会があります。

 

昨日はその練習で1日が過ぎていきました(笑)

 

 

その発表会で、ピアノを弾く役をすることになったのですが、普段のレッスンでのピアノ即興はまったく緊張しないのに、〝決まったものを弾け〟と言われるととたんに緊張するそらまめです(笑)

超簡単なやつなんだけどさ( ´∀`)

「キー1つ下げて」

とか言われて、見てる楽譜と、弾く調性が違ったりするとさ、なんかさ…(←言い訳笑)

 

なんか久々、この感じ!( ゚д゚)

 

と思って今日は、〝舞台に上がる時の緊張〟の話にすることにします( ´∀`)

 

ちなみに、そらまめのこれまでの経験による、当社比(=そらまめの場合)です(笑)

 

まずはきちんと練習しよう(笑)

今日は、ピアノの発表会にスポットを当ててみようと思います。

何がともあれまずは練習です( ´∀`)

舞台上で演奏するその曲で、自分が伝えたいことって何だろう、と考えながら練習を重ねていきます(練習のしかたをブログに書く日は来るかな、どうかなぁ(笑)これこそ人によるところが大きい( ´∀`))

 

はじめは、曲のタイトルや、その曲を聴いた時のイメージなどから入っていって、フレーズ、アクセント、和音進行など…と分析していって、伝えたいことを見つけて、練習していきます。

 

暗譜が必要な場合も、しっかり覚えましょう( ´∀`)

 

 

緊張している自覚をもつ

毎日舞台に立つ人はともかくとして、だいたいみんな、イレギュラーなことは緊張するもんだ、と思います( ´∀`)

 

なので、ここは思い切って緊張を味わいましょう、そうしましょう(笑)

 

そらまめの成功パターンと失敗パターン

①成功パターン

・本番一時間前に緊張を済ませておく( ´∀`)

→トイレじゃありませんが、ルーチンとして、緊張をしておくといいです(笑)それも、実際に舞台に立つ1〜2時間前くらいに(学生の時はいつも、一時間前くらいに試験用のドレスを着て最後の練習っていうパターンだった)

どういうわけか、緊張もそらまめの場合、何時間も続かないようで…。

緊張に慣れて(?)ちょっとほぐれた状態で舞台に上がることができます。

 

・自分と相性のいい食品を覚えておこう。

→本番前はあまり食事を摂らない派ですが、エネルギーが欲しい時にパッと取れるもので、自分の身体と相性のいいものを覚えておきましょう。

そらまめの場合は、チョコレートです( ´∀`)

 

がっつり食べるのは、本番終わってから〜♪

 

 

・手を温めよう→特に冬。下記参照。

 

 

www.soramametone.com

 

 

 

②失敗パターン

・「お、今日は緊張してないぞ!」ってのが一番危ないパターン。

→こういう時はだいたい舞台に上がる直前に緊張し始め、舞台上で緊張のピークを迎えることになります( ´∀`)

そりゃぁ、手も震えますよね〜( ゚д゚)

 

 

 

…という、経験論から語る緊張との向き合い方でした〜。

 

何がともあれまずは練習ですね( ´∀`)

さ、そらまめも練習しようっと!

 

今日もありがとうございました〜!