そらまめのおと

ひとりっこ男子の子育て&幼稚園生活や、私の仕事(リトミックとピアノを教えています!)のこと、夫の治療記録(脳出血&うつ)について書いています(*´꒳`*)

【おしっこ ちょっぴり もれたろう】うちの〝もれたろう〟【ヨシタケシンスケさんの絵本】

こんばんは〜!そらまめです( ´∀`)

 

今回はうちの〝もれたろう〟(4歳児)が盛大にやらかしてくれました…という話です(笑)

 

うちの〝もれたろう〟の話につき、お食事中の方、ご遠慮ください^ ^

(また後ほど、戻ってきてくれたら…嬉しいな♪)

 

 

おしっこちょっぴりもれたろう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おしっこちょっぴりもれたろう [ ヨシタケ シンスケ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/19時点)


 

 

ヨシタケシンスケさんの絵本です。

 

主人公の男の子が、〝トイレに行く前や 行った後に、おしっこがちょっぴりもれてしまう〟というちょっとした困りごとを通して、いろんな人のいろんな困りごとに出会う…というストーリー。

れんさんに(私にも)〝いろんな人がいるよ〟という気づきをくれたあったかーい絵本です。

 

 

 

絵本を買った翌朝のできごと

よっぽど気に入ったのか…

つい最近、書店でれんさんがこれを見つけて、〝読みたい〟というので…。

と言いつつ、私もヨシタケシンスケさんの絵本が好きなので買ってきました。

(←自分も好きなものに関しては寛大(^^;)

 

帰宅して、夕食ができるまで一人で読んで、寝る前にはべーさん(夫)にも読んでもらって…。

 

 

れんさんが幼稚園に出かけた後のこと

翌朝、れんさんの園バスを見送ったあと。

「あれ?さっき『洗濯かごに入れてね』って言ったはずのパジャマが出しっぱなしになっている。」

 

と気づき。

そしてそれを 持ってみたら、濡れてる〜( ゚д゚)!

 

 

まさか…!

まさかまさか!!

 

〝もれたろうのパンツのまま幼稚園に行った!?〟事件

ここで気づいてしまったわけです。

パジャマのズボンしかない、という事実に。

 

「えっ、パンツどこ行った??」

 

…と辺りを見回すも見つからず。

 

 

ま〜さ〜か〜。

 

 

絵本のストーリーと同じく、そのまま上からズボンを履いて冒険に出かけて行ったに違いない。

 

わ〜っ( ゚д゚)!

 

 

しかも、絵本のもれたろうと違って、れんさんのは

……かなりたっぷり漏れてる( ゚д゚)

 

 

おしっこ 夜中に もれたろう

おかーちゃんは迷う

ここで、おかーちゃんは、迷うわけです。

 

 

このまま放っておいて、彼のプライドを守るのか。

 

それとも幼稚園に電話をして着替えるように言ってもらうのか…。

 

 

究極の二択です。

絵本、読んじゃったしね。

 

 

乾けばわからない。

 

 

いやいやいやいや、

 

そんなわけない!( ゚д゚)

 

多分、乾くころには臭くなるはず!

むしろ、乾くまで何時間かかるのやら!

 

 

お恥ずかしいお願いですが…

…というわけで、意を決して幼稚園に電話をかけることに決めました。

(決心に10分ほどかかりました)

 

…けどなんて言おう。

 

あ〜ぁ、なんで家で履き替えて行ってくれなかったんだろう。

 

 

『すみません、れんの母です。お世話になっております。  すみません、…お恥ずかしいお願いなのですが、うちの子、どうやらおねしょしたパンツのまま幼稚園に行ってしまったみたいで…。お着替え袋にパンツ入っているので、履き替えるように促してもらってもいいですか……?』

 

『えっ、、…れんちゃんが??(笑)   わかりました、伝えておきます(笑)』

 

…と事務の先生。

やっぱ、笑うしかないよね(笑)

…そりゃぁ、そんな反応になりますわな。

 

もぅ、家で言ってくれれば良かったのに…(^^;

 

 

お迎えにて。

無事に伝わり、着替えていてくれたようで。

水泳の日だったので、パンツは 脱ぎ捨てたような感じでスイミングバッグに入れられていました(^^;

 

「あんなに漏らしたら、乾いたら臭くなるんだよぅ(←論点そこ?)。  今度からもれたろうしたら、パンツは履き替えてよ〜。」

 

と声をかけたところ、まさかの…!

 

スイミングバッグからパンツを取り出して匂いを嗅ぐやつがここにおったぞ〜!( ゚д゚)

 

 

案の定。

 

プルっとしてました。

 

 

そりゃ、くさいに決まってる。

 

 

その後パンツは、無事に洗濯されましたとさ。

 

 

うちの子 もれたろう

でも、なんでかわかんないけれど、怒る気にはなれなかった私です(笑)

 

きっと彼は、絵本で学んだことを、

 

〝おしっこが少し漏れても、そのまま何事もなかったように過ごしている。そういうヤツもいる。(あくまでも、ちょっぴりだからですが笑)

 

と学んで、学んだまま実行したまでで…(笑)

 

 

呆れてね(笑)

 

でもいいや、今回のことで〝何か〟は学んだに違いない、と思ってしまったわけでした^ ^

 

いや、

 

〝おしっこ夜中に漏れたまま、ズボンを履いて出かけて 先生にこっそり『着替えよう』と促される。 そういうヤツもいる。〟

 

と、こちらが学ばされたのかもしれない。

 

 

これからも、親子で繰り返し読んで、楽しみながら〝自分じゃない誰か〟に出会っていくことの楽しさや、自分の中にいる新しい自分との出会いの楽しさをゆっくりゆっくり味わっていきたいなぁ、と思ったのがこの本の感想です。

 

 

読んで、実際漏らして理解したよ、という話でした(*´꒳`*)

いい絵本です!

そして、この記事を書くにあたってヨシタケシンスケさんをググっていたら、ヨシタケシンスケさんのLINEスタンプがあることを発見して、即ダウンロードしてしまったことは内緒です(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

今日もありがとうございました〜!