そらまめのおと

5歳のおとこのこ れんさん と 夫 べーさん。 そして、リトミック&ピアノ教室をやっているおかーちゃん(ただいま妊婦です)のバタバタな毎日の記録♪

仕事をしながら子どもの幼稚園の保護者会役員…できる??(引き継ぎ〜前期総会まで)

スポンサーリンク

こんばんは〜、そらまめです。

 

新年度がスタートして約2ヶ月。

ひょんなこと(=事前アンケート出し忘れ)から引き受けた幼稚園の保護者会役員。

最初のヤマ場である『前期総会』が終わりました。

 

 

私は普段、週3〜4ペースでお仕事をしています。

一回の勤務は移動時間を含め6時間程度なので、また、その仕事の準備の時間も必要な職種です。

そんな私が、『がっつり親が関わる系幼稚園の保護者会役員』なんて務まるのか…という、自分で自分に対する素朴な疑問。

(↑いや、もう始まっているのでしっかりやってくれないと困るやつ。)

 

一つめの山を越えた気がするので、感想とともに綴っておきたいと思います。

(個人の感想です^ ^)

 

 

定例会や総会など、実際にみんなで会わなければならないとき…。スケジュールは調整がつく??

一番心配だったのがコレ。

 

むしろ、これが原因で、

 

「いつも定例会が開催される曜日と、私の勤務曜日が被っているので引き受けられない」

 

…と一度お断りしています。

 

すると、定例会と総会の開催日は、今までずっと何年も固定だったけれど、本部メンバーが集まれる他の日に変更してもオッケー…が前任の本部副会長さん&園長先生からアッサリと言い渡されました。

 

定例会や総会は園長先生が参加するので、

 

平日、幼稚園の保育を行なっている時間帯

 

が条件になります。

私の平日のお仕事は週2〜3回。

また、定例会は毎月、曜日を固定した方がみんなが忘れにくい…ということで、今年度の本部メンバーで相談して、みんなが空けられる曜日を決めることができたので何とか成り立っています。

 

普通の平日フルタイムだったら…仕事が終わった後の夜とか、土日に開催が可能じゃないとかなり難しいかも。

 

そして、今年度はこの幼稚園には珍しく、平日フルタイムのママさんがいらっしゃるのです。

今年度はもう終わってしまったけれど、今後、働くお母さんが増えるのに合わせて、月1の定例会はさすがに変更が難しいかも…ですが、年に2回の総会の方は、全員参加だし もしかしたら土日開催がいいのかもな、とぼんやり思いました。

 

特に前期総会では、会費の徴収も行うので、

 

「来られなかった人はどうする?」

「えっ、振り込み??お手紙作らなきゃ!」

 

みたいな話が後からついてきました。

(今までこういう話がなかったのが不思議だけれども(^^;)

 

 

仕事量

本部の役員なので、基本はみんなが活動できるようにするための事前準備や事務仕事がメインです。

その他、総会の来賓に挨拶を依頼したり、ふぞく(附属…かな?)の小学校の保護者会との連携のための連絡などの外の人と連絡を取るお仕事もちょっとあります。

 

 

普段のお仕事の準備もあるので、事前に計画的に動くのが難しく、定例会や総会の前に集中して準備することが多いのですが、周りの、兄妹を通わせた経験のある先輩お母さんの「この準備、もう終わった?」にものすごく助けられています。

 

お仕事の量としては、週一回がっつり働きます!なイメージかしら^ ^

思っていたよりも細かいな、という印象です。

 

 

やってみて気づいたこと

十人十色ならぬ〝十年十色〟

一番感じたのは、その年その年のお母さんたちの方向性が、1年間の保護者会のカラーを決めているんだな…ということ。

 

とても人数の少ない園なので、毎年ちょっとずつカラーが変わっていってる?

 

と思うことが多々あります。

 

 

『シンプルで、なるべく負担を減らしていこう!』

 

という考え方と、

 

『手作り重視で、みんなで頑張っていこう!』

 

という真逆の考え方が混在している感じがすごいなぁ…と思っています。

 

 

過去の定例会の議事録があったので、12年分くらい遡って楽しく読んだのですが、もともとは手作り大好き、手作りこそこの幼稚園のいいところ、という手作り重視のお母さんたちが集まる園なのかな、というイメージ。

歴代の卒園アルバムが全部手作りだったのを目の当たりにした時にはさすがにびっくりしました。

(→園の一角にクラフトパンチのお下がりがたくさんあり、色画用紙と写真とクラフトで、ナカバヤシのフエルアルバムにお揃いのページが全て手作り( ゚д゚)!……あ〜あ〜……話、通じますか〜?)


 


 

 

 

話が逸れちゃいましたが。

どっちが正しい…なんてものはないジャンルなので、、、だからこそその年のお母さんたちのカラーで全く違うことになるんだろうなぁ、と思っています。

私自身は、〝手作り重視〟も好きだったので、一年ごとに仕事を減らしてその色になんとなく染まりました^ ^

 

ただ、その理想を追うばかりに、特定の人に負担がかかってしまうのは良くないので、なるべくまんべんなく参加してもらえるように配慮しなくちゃいけないよね。

また、〝参加するからこそ良さを分かち合えるよね〟というところはしっかり意識していかないといけないな、と感じています。

 

お客さんで終わらせない

過程はなるべくいっしょに味わってもらう

 

何でもそうか。お仕事にもそのまま使えそうだわ、これ。

 

 

トークが苦手な私に必要な〝台本〟

子どもたちの前では声張り上げて 歌ったり、絵本を読んだり、手遊びにダンス。もちろんピアノも弾きまっせ……と何でもやる私ですが。

 

大人だけを目の前に話をするのが本当にニガテ。

 

そして、話さなきゃいけないことが飛んで飛んで飛びまくって…

 

「あぁ、あれ言おうと思ったのに忘れた〜(涙)」

 

となりがち。

そんな私に必要なのが、台本です。

 

何を話すか全部決めて、時間がある時は文章で、時間がない時も箇条書きくらいにはまとめておくことにしました。

 

この台本、話し忘れを防ぐほかに、議事録がわりになる、という意味でも役立っています。

 

この話をした時に、誰にどんな意見を言われたか、簡単にメモするだけで…後から思い出せる!

 

これからも続けようと思います^ ^

 

 

 

……というわけで、ひと山越えた幼稚園役員の現在の感想でした^ ^

まだ始まったばっかり。頑張ります。

また何か発見したら記事にしよう。

 

 

今日もありがとうございました^ ^!