そらまめのおと

5歳のおとこのこ れんさん と 夫 べーさん。 そして、リトミック&ピアノ教室をやっているおかーちゃん(ただいま妊婦です)のバタバタな毎日の記録♪

子どもの保育園生活1年目と親の体調。

スポンサーリンク

こんにちは、そらまめです!

 

 

www.soramametone.com

www.soramametone.com

 

 

りんさん、元気になって1度だけ保育所へ行って、

また風邪をもらってきました!泣。

 

 

1か月に12回保育所に行く契約をしているのですが、

今月、まだその1回しか行っていません。

そして、こんなご時世、完全復活するまではまたお休み生活になると思うので、

おそらく、既定の回数行けないのでは…。

 

 

そして、お休みが続から…というわけではないのですが、

このまましばらく保育所をお休みさせた方がいいのでは、

上の子も、新学期始まってもしばらく学校に行かないで

様子見したほうがいいのかな…

といろいろ考えてしまいます。

 

 

先日、りんさんが『多分RSでは…』と診断を受けた後、

看病の疲れもあると思うのですが、

りんさんにその風邪を移されたあと、

副鼻腔炎になってしまい、

親の私も、息のしづらい日々に、

もらった抗生物質で胃腸の調子も悪い。

 

という日がもう約半月続いています。

(実は、途中その風邪が家族全員に移り、「え、もしや!?」という事態になって、夫婦でPCR検査を受けました。陰性でしたが生きた心地がしませんでした。 そして、だいぶマシになってきたのでブログ、書いています。)

 

 

そして。

上の子、れんさんが保育園生活1年目の時も、

れんさん本人が風邪をひきまくって大変だった!

という記憶ももちろんあるのですが、

 

夫婦で話題になるのは、

 

れんさんが持ち帰ってきたノロウイルスで

一家全員、全滅した話。

 

そうだった、そうだった…

 

と繰り返すほど、

 

子どもの風邪は親にも移る!

 

ということを思い出すのでした。苦笑。

 

 

で。

最初の話題に戻るのだけれど。

 

子どもの風邪が親に移ると、

下手したら自分が体調不良の状態で

子どもの看病。

 

絶対辛いよね。

 

しかもそれがコロナだったら…。

行動に制限がついたり、

そもそも不安が大きすぎて耐えられる気がしません。

(よわよわ母。)

 

 

 せめて、看病にあたる私たち大人のワクチンが2回終わるまで

子どもも自宅待機の方がいいのでは…

と思ってしまう今日この頃なのでした。

 

 

そして、今回の連続発熱騒ぎで、

苦しいとか、まだうまく喋れない1歳半対策として、

パルスオキシメーターを購入しました。

 

 この機械が役に立たずに済んでほしいなぁ…

と本気で、本気で…。

願っています。

 

 

それにしても、今年の夏休みは体調不良で終わったなぁ。

超余談ですが、ちょうど10年前、30歳のお盆休みは虫垂炎で手術を受けた年。

0がつく歳のお盆休みには体調に気をつけよう。

 

 

皆さんも、体調には気をつけてくださいね♫

それでは、今日もありがとうございました。