そらまめのおと

5歳のおとこのこ れんさん と 夫 べーさん。 そして、リトミック&ピアノ教室をやっているおかーちゃん(ただいま妊婦です)のバタバタな毎日の記録♪

いつも持ち歩くプチ救急セットの中に、酔い止めをプラスしました。

スポンサーリンク

f:id:momongaa394:20211014205116p:plain

こんにちは!そらまめです!

 

感染拡大が落ち着く今日この頃。

やっと、ベーさんの実家へ行ってきました。

 

コロナの流行りはじめる直前が出産だったので、およそ2年ぶり。

そして、下の子 りんさんは1歳9か月にして初めて、祖父母に会いました。

(本当はひいおばあちゃんにも会わせてあげたかったけれど、いろんなリスクを考えてやめました。はやく会えるといいなぁ。)

 

ベーさんの実家へはいつも車で行きます。

もちろん今回も車で行ってきたのですが、後席でりんさんのお世話をしながら乗っていたら、めっちゃ酔いました。。。

 

家族の前で醜態をさらすわけにはゆかぬ…(武士。)

 

と冷や汗をかきながら根性で乗り切り、

いつもベーさんがいるときは運転はべーさんなのですが、

途中で運転を代わってもらって私がハンドルを握り、

高速道路の右車線メインで運転に集中して事なきを得ました。

ハンドル握ると酔わなくなる…は本当なんですね!

 

あぶなかった~!汗。

 

よく考えたら、最近どこにもお出かけせず、家とれんさんの学校&習い事、近場の公園とスーパーくらいしか行っていなくて、自分以外の人が運転してお出かけするパターンが久しぶりすぎでした。

 

自粛の影響がこんなところに出るなんてね。

 

 

でも、後席でりんさんのお世話をしながら移動…はまだ数年続くシチュエーションになると思うので、酔い止めを入手してきましたよ(^^

 

今度遠出するときはあらかじめ飲んでおこう。

 

 

プチ救急セット

話は変わりますが、いつも出掛ける時に、距離によってバッグを変えています。

プチ救急セットは、小さい方のバッグにも問題なく入るサイズにしています。

 

朝、れんさんの登校時に、地域の見守りを兼ねて、登校班のメンバーと一緒に学校まで歩くことがあり、小学生=コケる!イメージがあるので、絆創膏がメインのセットです。笑。

 

あと、その登校経路、季節によってヒルが出るの!(怖)

だからお塩も入っています。

 

なかなか便利なので ちらっとご紹介します。

 

持ち歩き 救急セット

・清浄綿
・ポリ袋
・ゴム手袋
・絆創膏
・塩(ヒル対策)
・人口涙液の目薬
・痛み止め
・アレルギーの薬
・酔い止め(←NEW!)

 

 

これが、こんな感じでパックされています。

救急セット 持ち歩き

 

入れ物は、無印のEVAケース(B7)。意外と量入ります。

www.muji.com

 

 

あと、この清浄綿、水分たっぷりで個人的に好きです。

 

自分用のアレルギーの薬も入れてあるので、そのまま旅行や出先での災害時にも使えます。

 

 

旅行はまだもうちょっと先かな。

 

 

…というわけで、お出かけ久しぶり&下の子のお世話で車に酔った話でした。

感染が落ち着いてちょっとお出かけしようかな…という方、乗り物酔い対策がおすすめかも…です!

 

それでは。

今日もありがとうございました!