そらまめのおと

5歳のおとこのこ れんさん と 夫 べーさん。 そして、リトミック&ピアノ教室をやっているおかーちゃん(ただいま妊婦です)のバタバタな毎日の記録♪

断乳するか、卒乳まで待つか…迷う。(りんさん:1歳0か月)

スポンサーリンク

こんばんは~!

7歳のれんさん&1歳のりんさん。

6学年差ボーイズ育児中のそらまめです。

 

今日は、1歳になったばかりのりんさんの話。

 

10か月の後半頃に無事に夜間断乳をし、つい最近まで、朝起きた時とお風呂上りの1日2回の授乳をしていました。

その後、1歳になり、なんとなーくお風呂上がりの授乳もやめて、残るは寝起きの1回のみに。

 

ここまでくれば、あとは、寝起きの1回を着替えのあとにずらしたり、さらには間髪入れずに朝ごはんにしたりしてうまいことやって乳のことを忘れてもらうだけなのですが。その〝最後の1回〟をやめる決心が(私が)なかなかつきません。汗。

 

 

断乳するか、卒乳まで待つか、迷っています。

卒乳 断乳

上の子、れんさんの時も同じようにして1か月ほどかけ、少しづつ回数を減らしていって…、1歳の誕生日の朝の授乳が最後という形のフェイドアウト断乳でした。 

れんさんはもともと混合だったし、断乳するころにはもうがっつり仕事復帰もしていたし。なにより、本人がそこまで乳にこだわりがなさそうだったので…そりゃ、断乳はさみしかったけれど、「断乳して夜しっかり休めるようになって、仕事頑張ろう!」と気持ちを切り替えることができました。

 

が、今回、りんさんの場合は、れんさんに比べて言葉も意思もはっきりしていて、飲みたいときには

 

んむっ!(「飲む」という意味)

 

と言いながら、指をさしたり、服をめくろうとしたり、顔をぺちぺち叩いてきたり、いろんなアピールをしてくる。(超かわいい)

また、乳がもらえた時の満足そうな姿がかわいくて、、、それで、「卒乳まで待ってみてもいいかもしれないな」…とついつい甘くなってしまいます。

 

 

また、れんさんの時は、早い時期から保育所で集団生活をしていて、かなり早い時期からたくさんの風邪をもらってきていました。 そんな時期に、混合だったとはいえ母乳も続けていたことにかなり助けられた経験があるのです。

離乳食期、れんさんが体調不良になると、〝食事は食べたがらないし、ミルクも欲しがらないげど、母乳なら飲む〟…という事態が多発しました。

 

反対に、りんさんは、といえば、集団生活どころか、コロナのせいでちょっとしたお出かけもままならない、超箱入り息子。笑。

〝母乳に戻れる今のうちに、ちょっとくらい風邪も経験しておいたほうがいいのでは(…ん?反対かな、〝少しは風邪を経験するまで、母乳を続けた方がいいのでは〟…かな。まぁ、どっちでもいいか^ ^。)。〟という謎の不安が。汗。

 

 

…とはいえ、もうごはんもおやつもしっかり食べてくれる。

とはいえ、離乳食を開始した頃はあかちゃんせんべいしか食べてくれなかったりんさんも、最近は手作り・市販ともに、わりと何でも食べてくれるようになって、栄養としての母乳の役割はだいたい終わってしまっていると思うのよね。

 

みんなと同じ料理からの取り分けも、塩分と柔らかさだけ気を付ければ、かなり色々なものが食べられるようになってきたし、お米も、柔らかめに炊けば私たちと同じものもちゃんともぐもぐして食べられるようになったので、〝今回はあげられるものがないから授乳にしておこう〟なんてシーンももうなくなっちゃたし。

 

今はただ、りんさんの「飲みたい!(たぶん、精神安定剤的な役割として)」という思いと、私の「まだ飲ませておいてもいいかな、かわいいし。」という思いが合わさっていて、お互いの心の栄養として続けている感じ。

 

歯が生えかけの頃は当たって血が出たり、噛むのにハマって血が出たり(怖!)、痛い時期もあったのですが……。

歯が上下4本ずつ生えてきて安定してからは授乳トラブルもなし。

トラブルがないなら、まいっか……という感じで(^^;;

 

 

 

信じる?…信じよう! …どっちを?

〝断乳の場合、あまり時期を遅らせると子どもが乳を卒業する際に辛い〟

という話も時々見かけます。

 

そこでまた迷う。(はい出た!)

 

『さみしいけれど、トライしてみれば多分あっさりやめられるだろうし、ここは子どもの成長を信じて断乳してみたら。 そうしたら、花粉症の薬も、命の母も飲めるようになるよ! それに、乳欲しさに早朝に起こされることもなくなるよ、きっと!』

 

というGOGOポジティブな天使と、

 

『上の子、れんさんの時は断乳だったし、今回のりんさんも四六時中飲みたがって困っているというわけではないし、朝の1回くらい、子どもの成長を信じて卒乳を待ってみてもいいんじゃない? そらまめにとって最後の出産&赤ちゃん育児でしょう?』

 

という優しい系天使と両方出てきて、本当に迷います。

どちらも一理ありすぎる。

 

…今は、どちらかというと優しい系天使さんがやや優勢…かな。

 

何か問題が起きない限り、つぎまた断乳or卒乳で迷うのは、多分、離乳食を卒業する1歳半くらいかなぁ。

でも、それより前にあっさり卒乳されちゃったりしてね。

 

 

1歳という節目を迎えて、大きくなって嬉しいという気持ちと、ずっと赤ちゃんのままでいいのにな…という気持ちが自分の中でごっちゃごちゃになる今日この頃。

子どもの成長が早すぎて、私の方がついていけないよ~!汗。

 

 

 

それでは、今日もありがとうございました。

 

 

☆コメント ありがとうございます☆

f:id:momongaa394:20210121214145j:plain

id:selfmanagementforkids さま

コメントありがとうございます! 肺炎で入院、大変なご経験をされたんですね。

下のお子さんは、自然と卒乳だったんですね!

断乳・卒乳、子どもによってそれぞれですが、嬉しくて寂しい…いろんな気持ちになりますね。