そらまめのおと

ひとりっこ男子の子育て&幼稚園生活や、私の仕事(リトミックとピアノを教えています!)のこと、夫の治療記録(脳出血&うつ)について書いています(*´꒳`*)

【年中・男子】性教育始めました。【幼児】

こんばんは、そらまめです!

 

え、「かき氷始めました」なノリのくせに タイトルが衝撃的ですって?

すみません( ´∀`)

 

 

先日、幼稚園に用事があり車に乗っていたところ、いつもかかっているFm yokohamaのラジオ(朝の「ちょうどいいラジオ」)から、

「性教育は何歳から始めるか」

…と聞こえてきたのがきっかけです。

 

 

なるほどな、と思った話。

私自身は最初このタイトルを聞いた時(ラジオは、いつも車を運転している時しか聞かないので、番組や内容はかなり一期一会。知ってたら最初から聞いてみたかったなぁ…と思いますが、実際は最後の30分しか聞けず、結論だけ聞いた感じです。)

「何歳って言われても、自分だったらいつ教えるかな…。 あんまりイメージわかないなぁ。」

…というのが第一印象。

 

 

ラジオの中では光邦さん(メインパーソナリティ)も、年子さん(北村 年子さん:おはようネンコさん というコーナーに出てくるノンフィクションライターさん)も、

 

「なるべく 幼児期から始めよう」

 

と言っていましたが、それを聞いても はじめは あまりイメージがわかずでした。

 

 

が、ラジオの中では 視聴者さんからの意見がたくさん投稿されていて、その中に、

「小さい頃 性犯罪に巻き込まれたけど、それがどれだけ酷いことをされたのか を親や警察に説明するだけの知識がその当時は無くて……」

と辛い経験を語ってくださったものがあり、

確かに…そういう目線で見たら早いうち(遅くとも、子どもだけで行動することが増えてくる小学校入学前)からの教育が必要だな。

と納得して車を降りました。

 

 

心と身体を分離するから おかしなことになる

性教育をしていく上での考え方として、

 

「心と身体はつながっているもの。 それを分離するから(性に関わる内容の〝行為〟の部分だけ取り出して取り扱うから)おかしくなっちゃう。」

 

…という、光邦さんと年子さんのコメントには大いに納得しました( ゚д゚)

 

また、

 

「幼児期に取り扱っておくと、自然と受け入れてもらいやすい。」

 

という意見も。

 

このラジオを聞いていて、納得できる部分が多かったので、れんさんにもお伝えしてみようと思った次第です。

 

 

どうやって伝えようかな…

考え方

…とはいえ、〝性〟について教える…といったって、れんさん男の子だけど、さほど男の子男の子してない、というか、ブログ界の大先輩たちが〝ラン活〟と書いているのを見て、

 

「わ、今れんさんにランドセル……見せたいけど、見たら80パーセントは『ピンクがいい!』って言われるよ、今は見せられない(^^;」

 

と怯んでしまうほど、自分の性別とかあんまり興味なさそう。

 

 

また、〝性〟って、今の時代かなり考え方が多様になっているように感じるので、一括りに

 

「女の子はこうで、男の子はこうで…」

 

みたいに断言されているものは避けたいな。

と思いました。

 

それをふまえて、

 

 

・本人が嫌がるそぶりが見られたらそこで一度ストップしよう。

 

・自分の身体に興味を持ってもらえそうな内容のものを。

 

・自分や友達の身体、そして存在そのものが とても大事なもの、と認識するとともに、悪い人から身を守るような声かけをしたい。

 

 

……というようなところを第一の目標にすることにしました。

 

 

絵本

その目標に合いそうな絵本を ひとまず2冊チョイスしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みんなであなたをまっていた [ ジリアン・シールズ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/4時点)


 

*みんなで あなたを まっていた

ジリアン・シールズ 文

アンナ・カリー 絵

松井 るり子 訳

ほるぷ出版

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おちんちんのえほん (からだとこころのえほん) [ 山本直英 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/7/4時点)


 

*おちんちん の えほん

やまもと なおひで・ぶん

さとう まきこ・え

ポプラ社

 

 

読み聞かせしてみました

*みんなで あなたを まっていた

すごく優しい絵のタッチで、読んでいる私もあったかい気持ちになる絵本でした。

これは、性教育 というよりは、

「まず、あなたのことが大切ですよ」

と知ってもらうのが一番かな、と思ってこれに…。

 

れんれんも、文章と絵が 相当心地よかったのか、絵本を読み聞かせ終わったとたんに

 

「あれ?もうおしまい?」

 

と尋ねられてしまいました( ´∀`)

これから兄弟が生まれる上の子にもいい感じの内容です。

 

 

*おちんちん の えほん

こちらは、書店で探すのに苦労し、5店舗くらい見てまわって見つからなかったので、ネットで購入しました。

 

届くまで詳細が分からなかったのですが、れんさんより先にフライングで読ませてもらったところ、かなりストレートに書いてあり、しかも長めだったので、

「どこまで理解してもらえるかな…」

というのが第一印象。

けれど、大事な部分の呼び方から、赤ちゃんが生まれるまでのおおまかな概要、悪い人もいるんだよ、という話など、伝えたいことがしっかり書かれていました。

 

そして、男同士の方がいいかな…、と初回はべーさん(夫)に読み聞かせしてもらいました。

 

反応は…

 

真顔でじっと話を聞いていました!

 

小さいながらに、大切な話をしている…というのは伝わったみたい。

 

また、絵本が到着したときは、

 

「おちんちんのえほん?なにそれ〜(照れ笑い)」

 

というような反応だったので、こんなに小さいながらにそういう話はタブー視されやすい、ということも薄々感じとっていたのね、ということに気づかされました( ´∀`)

 

読み聞かせが終わった後

 

「明日も読んで」

 

という反応だったのが印象的。

長かったけど、一度もふざけることなく聞いていたので、小さいうちに始めるのも悪くないな、と感じました。

 

 

余談だけど…

小さい頃後追いがすごすぎたれんさんなので、実は私が生理の時も普通に目の当たりにして知っています。

 

ざっくりと、

「この血液は赤ちゃんのベッドだよ。」

と説明してあり、れんさんの方も

 

「痛いの?」

と聞いてきたり(これも 「人によるけど、おかーちゃんは そんなに痛くないかな。」と隠さず説明しちゃってました( ゚д゚))、最近では慣れてしまって、

 

「赤ちゃんのベッドだもんね!」

 

と自分から言うようになりました。

 

多分そのうち、この絵本の補足説明的に、「ここに赤ちゃんのベッドが入っているんだよ」

と話す予定です。

 

べーさんの方も

「ここは大事だから 汚い手で触るとばい菌が入って病気になっちゃうから 気をつけるんだよ」

と補足説明をしていて、そんなことを話すきっかけにもなるのね、と見ていて思いました( ´∀`)

 

 

うちの場合は、この時期に始めて良かったみたいです。

 

 

また、夫婦で

〝この本は、幼稚園や学校で読み聞かせするより、お家で保護者の人に読んでもらうのがいいね〟

と、意見が一致しました。

 

うちでは、購入した絵本はれんさんと、うちに来る生徒さんと共有にしているものがほとんどですが、これは、私たちかられんれんへの絵本になりそうです。

 

 

 

それでは…今日もありがとうございました!