そらまめのおと

5歳のおとこのこ れんさん と 夫 べーさん。 そして、リトミック&ピアノ教室をやっているおかーちゃん(ただいま妊婦です)のバタバタな毎日の記録♪

食後の〝べい〟卒業と、あたりめ導入。(りんさん:1歳5か月 食事のこと)

スポンサーリンク

こんにちは、そらまめです!

 

1歳1か月でフェイドアウト卒乳した頃からの習慣になっていた、

食後の〝べい〟(=あかちゃんせんべい)

 

www.soramametone.com

 

 

 

本当に、ごはんを食べ終わると、

「べい」

と言いながらぐずっていたのです。(^^;

 

 

が、最近、食後のべいよりも楽しいことができ、

無事に食後のあかちゃんせんべいを卒業しました。

 

その楽しいこととは、

食器の片付けと、

そのあとの 手や口の周りを洗う作業。

 

 

食事が終わると、

「ないな~い」

と言いながらお椀やコップをシンクまで運び、

私が

「じゃあ手を洗おう」

と声をかけると、洗面台の前に置いてあるスツール目指して

とことこ歩いていってくれる。

 

 

そう。

…だいぶ人間になってきたのです。笑。

 

 

りんさんが好きな赤ちゃんせんべいは、ドラッグストアや西松屋まで買いに行かないと売っていないタイプのものだったので、買い出しから解放されて本当にうれしい。(^^

 

 

食後はこれで平和を手に入れました。笑。

 

 

残る課題は、食事の準備。

 

子どもって、生活リズムや生活スタイルがどんどん変化していて、

れんさんとりんさん、兄弟間でも、一致するものがほとんどなくて。

子どもに時間を無限に吸い取られている感、ないですか~?(T_T)

 

なるべく、りんさんのお昼寝中に夕食準備をしようと思うのですが、

れんさんの送迎の時間との兼ね合いとかでうまくいかないことも多々。

そして、夕方にキッチンに立つと…

 

 

ベビーゲートのところで

「たーたん!(かあちゃん)

と呼ばれ、おもちゃを投げ入れたりしてアピール。

最後には泣き出すのがお決まりのパターン。

 

お腹がすいたのかな、

と思いパンや おせんべいを一口ずつあげるも、

それをずっとするわけにもいかず、結局泣かれるのが第2のパターン。

 

おんぶでキッチンに立つと、抱っこひもから身を乗り出し、カウンターの上のものを落とされたり、狭いところで頭をぶつけて泣かれるのが第3のパターン。汗。

 

 

最後は結局泣くんかい。

 

 

 

 

…で。あたりめです。

あたりめは、れんさんが好きなおやつ。

宿題をしながらあたりをかじるれんさんの横で、

りんさんにも ひとかけら、口に入れてみました。

 

 

「りんさん、まだ口に入ってる?」

「うん、まだ もぐもぐしてる。」

 

と、私とれんさんとで、交互に見守りながら。

結局、夕食の出来上がるまでの30分程度、

あたりめをもぐもぐしながら、

 

ご機嫌に過ごすことができました。

 

ちなみに 現在、歯は上8本、下8本という感じ。

 

30分経って食事をスタートするとき、あたりめは まだ口に入っていて

飲み込む気配がなかったので、ガムのように出してもらいました。

 

 

この作戦にはまたお世話になると思います。笑。

 

あたりめ

おいしいけれど、食べ終わったあとは厳重にジップロックに入れたくなるよね。

 

 

それでは、最近のりんさんのお食事事情でした。

今日もありがとうございました!