そらまめのおと

5歳のおとこのこ れんさん と 夫 べーさん。 そして、リトミック&ピアノ教室をやっているおかーちゃん(ただいま妊婦です)のバタバタな毎日の記録♪

【子育て】れんさんの水いぼが治った!(治療終了記録)

スポンサーリンク

こんばんは〜、そらまめです^ ^

 

以前に『水いぼになっちゃった〜!』という記事を書きました。

 

www.soramametone.com

 

皮膚科の先生からは、

「治るまで半年〜2年くらいかかる。取っても取らなくてもそれは変わらない」

と言われ、親としてはだいぶテンション低くこの水いぼさんと付き合うことになりましたが……。

 

れんさんの場合は、きっちり半年で新しい水いぼが出なくなり、きれいな肌に戻りました。

 

 

一個も取らなかった

こればっかりは、幼稚園やスイミングスクールによって対応が違うと思うので、『誰にとってもこれがベスト!』という対処法があるわけではないと思いますが、れんさんの周辺は、

 

皮膚科の先生

「幼稚園やスイミングで『取らなきゃ入れません』と言われたなら、麻酔のシールを貼ってきてもらって取ります。が、取ったからといって治るわけでも移らなくなるわけでもありませんよ。」

 

幼稚園の先生

「判明してすぐ、プールに入っていいか聞いてくださる親御さん珍しいです〜( ゚д゚)」

(正直なところ、マジか…!水いぼって、そういう扱いなのか……って思ったよね。)

 

 

スイミングの先生

「ラッシュガードや絆創膏を使って、水いぼが直接お友だちやビート板等に触れないように配慮してもらえれば問題ないですよ。」

 

…という感じ。

気づいた時点で20個くらいあり、それを全部取るのは難しいかも…と思い、そらまめ家では、水いぼは取らないことにしました。

 

 

 

塗り薬はどうだったの?(れんさんの場合)

というわけで取らない方向で行きたい、と思ったのですが、何もしないってのもなんだか不安…というか、やっぱり気をつけていてもお友だちに接触してしまわないかすごく気になる。

発症した時は冬だし長袖長ズボンなので何とかなるかなぁ。

それでも、季節が変わってだんだん薄着になってきたら……と、とにかく周りに移さないかどうかがとても気になる。

(気になる 気になる うるさいって…?すみません(^^;;)

 

という思いを全力で皮膚科の先生に伝えたところ、

「これは、効くかどうか人によって違うから……試してみてもいいかも」

と処方された塗り薬がありました。

(れんさんに出されたのは〝サリチル酸ワセリン軟膏東豊〟…という、なんかちょっと長い名前の塗り薬でした。きっと、病院によってお薬が違う場合もあるのでは、と思います。お医者さんの要相談ですね!)

 

このお薬、れんさんの場合は、

 

〝治す効果としては感じなかったけど、〝広げない〟という効果はあったかな〟

 

という感じでした。

 

…というのも、1回目にもらった分が終わってしまい、私のお仕事の都合ですぐに皮膚科にかかることができず数日、間が空いてしまったのですが、その数日の間に、爆発した水いぼがその周辺にみるみるうちに広がってしまったのでした。汗。

それまでは、〝気休め〟と思っていた塗り薬ですが(←失礼)、効果はあったのね、と感じました^ ^。

 

 

そうして半年…

つい最近、腕にあった最後の水いぼがなくなりました。

跡も残らず、何事もなかったかのように。

 

スイミングではずっとラッシュガードを着せていましたが、それからもやっと解放されました〜!

 

いや〜、良かった良かった。

 

さっ……。

これで、さらにスイミングの練習、頑張ってきてもらおう^ ^

 

 

それでは、今日もありがとうございました!